外壁・屋根塗装が必要なワケ

塗り替えは本当に必要?

そもそもな話、どうして家は塗り替えなければいけないのか。
もしやるとしたらいつ頃塗り替えなくてはいけないのでしょうか?

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗替えが必要になってきます。

しかし、「何年たったら塗替えを絶対にしないといけない」という決まりがあるわけではありません。業者さんによっては4~5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、

大切なのは大事に至る前に行うことです。

「100万も150万もかけて外壁塗装する意味があるのかしら???」錆びていて汚くても別に住めないわけじゃないし、雨漏りしているわけでもないし、必要性なんてあるのかしら。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かに外観のためだけだったら、リフォーム業者も塗り替えを勧めたりはしません。塗装リフォームをすることにはもっと別の意味があるのです!!

塗装の目的

外壁塗装の目的のひとつには当然「美観」を保つという目的もあります。


ですが・・・


建物を防水して寿命を延ばす

これが塗装の本来の目的なのです。

最初にお伝えした「大事に至る」という事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になる事です。

この状況に至ると材木は湿気を含み、白蟻を呼ぶ可能性もあります。さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこともあります。

外壁塗装には、こうした雨漏りによる2次的被害の誘発を阻止する役目があります。

しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。

そこで、外観を見れば誰でも簡単にチェックできる3つの注意ポイントをお知らせいたします。

簡単にチェックできる3つのチェックポイント

壁のひび割れ

コーキングの割れ

塗膜の剥がれ

ひとつでも当てはまる方は一度ご相談ください。

屋根施工事例

外壁施工事例

塗装施工事例

お電話でのお問い合わせ0120999855,メールでのお問い合わせ