初めて塗装工事をされる方へ

初めてのリフォームガイド

リフォームをしたいけど、段取りからお金のことまで分からないことだらけ…。どれくらいの期間で、どんなリフォームが出来て、お金はいくら掛かる?

そんな悩みを解決するために、リフォームの基礎を知っておこう。

リフォームのスケジュール

1リフォームの内容を決める
家族全員で話し合い要望を整理する

まずは家族全員で、どんなリフォームをしたいのかを話し合ってみましょう。 例えば、「日ごろ不満に思っているところ」「改善したいポイント」などについて話し合い、そこで出た意見や要望を全て書き出してみましょう。 次に、リストアップされた要望を見直して、優先順位を付けてまとめます。 ここで整理したリストは、リフォーム会社との打ち合わせ時の資料にもなります。

2リフォームの情報を集める
「施工実例」「会社」の情報を収集する

リフォームの要望が整理できたら、リフォーム雑誌やWEBなどで「施工実例」や「リフォーム会社」の情報を集めてみましょう。 実例を多く見ることで、漠然としていたイメージが明確になってきます。 また、実例に記載された費用を見ることで、大まかな予算も把握できるほか、会社ごとの得意分野やテイストも分かってきます。 希望を叶えてくれそうな会社が見つかったら、資料請求してカタログを取り寄せたり、疑問点があれば電話で問い合わせを。収集した情報を元に依頼先候補を3 ~4社に絞り込みましょう。

3現地調査を依頼する
プロに家の状態を確認してもらうる

リフォームの場合、電話やWEBだけで見積もりやプランを出すのは難しいので、実際に家の状態を見てもらい、希望するリフォームは可能か、いくらぐらい掛かるかを確認する「現地調査」が必要です。 早めに依頼すれば、工事の範囲やできない箇所が分かり、依頼内容の修正や変更をする時間が確保できます。

4プラン・見積もりを比較する
金額だけでなく内容・仕様も確認する

現地調査を基に、複数社から提示されたプランと見積もりを比較検討。 この際、提示された合計金額だけを見るのではなく、要望通りのプランか、希望した設備が含まれているかなど、総合的にチェックを。 この時点で疑問点や気になる点があれば、担当者に確認してみましょう。

5依頼先の決定&打ち合わせ
依頼する会社を決め細部を詰めていく

プラン・見積もりや対応などを総合的に比較・検討して、自分たちに最もふさわしい会社を選び、リフォームを依頼。 その後、提示された最初のプランを基にして、内装や外壁のデザイン、材料、 設備機器などの仕様を打ち合わせを重ねて詰め、最終プランと最終見積もりを作成。

6各種書類を確認して工事契約をする
契約の前に再度書類の確認をする

リフォーム会社と工事請負契約を結びます。契約の際はすぐに署名・押印をせず、提出された書類をじっくりと確認してから押印しましょう。

7工事開始
契約の前に再度書類の確認をする

工事が始まると、トラックの出入りや工事の騒音、ホコリなどが発生して近隣に迷惑が掛かることもあります。後々のトラブルにならないように、着工前に手土産を持って近所にあいさつに回り、いつまで掛かるのか工事期間を説明しておくと良いでしょう。工事が始まったら、邪魔にならない範囲で現場を確認し、設計通りの仕様になっているか、希望した材料は使われているかなどを確認しましょう。

8竣工検査・引き渡し
アフターサービスや保証体制の確認を

工事が完了したら、施主、工事責任者、担当者などと一緒に工事箇所を全て見て回り、不具合がないかを確認する「竣工検査」を行う。不具合があった場合はその場 で伝え、補修工事を依頼する。不具合が完全に直っているかを再度チェックし、問題がなければ引き渡しを受ける。リフォーム会社で「工事完了確認書」などを用意している場合は、この書類に署名・押印することで、工事は完全に終了となる。

リフォームの費用を知る

「費用の考え方」

リフォーム費用をざっくりと下記の3つに分類。それぞれのカテゴリーにどんな内容が含まれるのかを知りましょう

材料費と工事費の仕組みを知り予算を把握

リフォームの総費用は、材料費・工事費・その他の3つに分類して考えることができます。そこで、何にどれくらいのお金が掛かるかが見えてきます。事費が大部分を占め、その内訳を見ることで材料選びも工事内容も無駄をなくすことができます。

材料費

交換する設備や建材にかかる費用で、使用する材料によって大きく金額が変わります。

ポイント

柱や梁などの構造材から床やクロスなどの仕上げ材、壁内の断熱材、キッチンや浴槽などの設備機器など、あらゆる材料が含まれます。使用する量とグレードによって総費用が大きく変わるので、何が本当に必要かを考えてみましょう。

工事費

職人さんが作業を行う人件費。複雑な工事や、時間が掛かる工事になるほど金額が上がります。

ポイント

内装工事費、住設工事費、木工事費などの各種工事費用のほか、解体撤去費、仮設工事費、廃材処分費などのリフォームに付随する費用も含まれる。数量は個数で表示ができないため、「一式」と記入されることが多いです。

その他

消費税や、仮住まいが必要な場合の家賃や引っ越し費用など、場合によっては大きな金額に。

ポイント

仮住まいの家賃や引っ越し費用のほか、リフォームに合わせて新しく家具や家電を購入した場合など、大きな金額になることも。また、工事をしていく途中で水まわりの腐食などが見つかり、追加工事費が発生することもあります。

屋根施工事例

外壁施工事例

塗装施工事例

お電話でのお問い合わせ0120999855,メールでのお問い合わせ